03.浅草

駅テーマ:輝く浅草

既存の浅草駅(場所は花川戸)と離れていますが、浅草の中心部のため、地元の強い要望で「浅草」駅となりました。
国際通り地下にあり、地下2階には浅草変電所があります。建設中はトンネルのシールド発進基地として活躍しました。
下水幹線に囲まれ、その他にも地下埋蔵物が多かったせいもあり、TX駅舎で最も工事費がかかっています。

駅データ

配線略図

建築・構造データ

設計: (株)アール・ビー都市建築設計 所在地: 東京都台東区浅草2丁目
施工: 佐藤・奥村・日本国土JV 延べ面積: 13,923.13m2
工期: 2003年03月~2005年06月 構造: 鉄筋コンクリート造・地上1階・地下4階
総工費: 約23億8000万円 ホーム構造: 島式1面2線・幅9.7m・長さ125m・高さ不詳

接客設備データ

出入口: 2箇所 自動改札機: 3台
改札口: 1箇所 券売機: 2台
連絡口: 0箇所 清算機 1台
エレベーター: 2台 エスカレーター: 10台

その他のデータ

電略/4文字略: アサ/浅草 駅中心キロ程: 03.13km
仮名称: 元浅草 停車種別: 普通・区間快速・通勤快速・快速

年表

2004年09月15日:試運転列車が初走行
2005年07月24日:駅舎見学会(台東区民287人)
2005年08月24日:開業
2008年01月前後:ホームLED増設

駅舎概要

準備中
タイトルとURLをコピーしました