18.万博記念公園

駅テーマ:新しい風を感じる駅

駅周辺は緑豊かで、駅前には閑静な住宅街が広がっています。
駅名の由来となっている「科学万博記念公園」は、1985年の国際科学技術博覧会の跡地にある公園で、会場跡を利用した筑波西部工業団地の一角にあります。

駅データ

配線略図

建築・構造データ

設計: (株)交建設計 所在地: 茨城県つくば市大字島名
施工: 鴻池・真柄・株木JV 延べ面積: 3,038.96m2
工期: 2002年02月~2005年03月 構造: 鉄筋コンクリート造(ハイブリッド)・地上2階
総工費: 約11億4000万円 ホーム構造: 相対式2面2線・幅7.0m・長さ125m・高さ7.4m

接客設備データ

出入口: 1箇所 自動改札機: 3台
改札口: 1箇所 券売機: 2台
連絡口: 0箇所 清算機 1台
エレベーター: 2台 エスカレーター: 4台

その他のデータ

電略/4文字略: マン/万博公園 駅中心キロ程: 51.83km
仮名称: 島名(しまな) 停車種別: 普通・区間快速

年表

2004年09月18日:試運転列車が初走行
2005年08月24日:開業

駅舎概要

準備中
タイトルとURLをコピーしました