12.流山おおたかの森

駅テーマ:集いと出会いの駅

東武野田線と接続する駅です。利用客の大部分が野田線からの乗り換え客です。
おおたかの森とは駅の西側にある森のことで、絶滅危惧種のオオタカが生息しています。
駅南側には緊急時折り返し用の片わたり線があります。折り返し時は4番線のみ入線可能で3番線では折り返せません。

駅データ

配線略図

建築・構造データ

設計: (株)安井建築設計事務所 所在地: 千葉県流山市西初石
施工: 大林・小田急・東武谷内田JV 延べ面積: 4,005.14m2
工期: 2002年12月~2005年07月 構造: 鉄筋コンクリート造・地上3階
総工費: 約12億9000万円 ホーム構造: 島式2面2線・幅8.0m・長さ125m・高さ10.9m

接客設備データ

出入口: 1箇所 自動改札機: 6台
改札口: 1箇所 券売機: 5台
連絡口: 0箇所 清算機 1台
エレベーター: 2台 エスカレーター: 4台

その他のデータ

電略/4文字略: ナモ/おおたか 駅中心キロ程: 26.48km
仮名称: 流山新市街地 停車種別: 普通・区間快速・通勤快速・快速

年表

2004年09月13日:試運転列車が初走行
2005年08月24日:開業

駅舎概要

準備中
タイトルとURLをコピーしました