7月の53Fに続き、本日、69Fが整備された状態で留置線にいるのを確認しました。重要部検査を施工したようです。

fig
留置線の69F。フルカラーLEDを試験搭載していた編成で、LEDの状況にも注目です。

fig
次の検査候補の70Fは気吹線(31番線)に留置されていました。
午後の時点では工場の入口が開いており、夕方、この70Fが消えたので、今日の夕方に入場した可能性もあります。

fig
気吹線の70F(左)と、転削線の02F(右)。
車両移動機が2台いることは開業後に気付きましたが、今回、向きが違うことに初めて気付きました・・・。今までの写真を見ると、確かに向きが2通りあったようです。簡単に方転できるのかもしれませんが、少し気になります。

現在、重要部検査候補が52F、54F、04F・・・と多数ある状態で、70F以外の編成が入場する可能性も否定できません。

©2019 TSUKUBA EXPRESS STYLE by 4号車の5号車寄り

Forgot your details?