11月12日に天皇皇后両陛下、スペイン国王夫妻がつくば市に来市されます。往路はE655系御召し初運用なわけですが、復路ではTXを利用されたご帰京が予定されています。
首都圏新都市鉄道でもJRと同様、綿密な準備が行われており、御召し試運転も先週から目撃されています。
本日、御召し本務編成と思われる68Fが試運転を行っていたので、レポートします。
68Fについては68F御召し仕様に!を参考にどうぞ。

07_04
守谷駅1番線のLED。
33分に先行の快速つくば行が発車、36分に後続の普通つくば行が入線する中、15時34分前後に一瞬で折り返してつくば方面に向かうダイヤでした。

07_05
該当編成の68F。床下ピカピカです。行先方向幕は「つくばエクスプレス」。
つくばでの折り返しは、通常ダイヤでは不可能(54分から55分の1分間、ホームの空きが無い)なため、定期列車の時刻・番線変更で対応したようです。
ここまでして試運転するのですから、本番に即したダイヤと見て良いでしょう。

07_06
保安上の理由で、御召し列車は終着駅までノンストップのようです。試運転でも本番と同じく、守谷、流山おおたかの森、南流山、北千住を通過するスジを使っていました。
守谷駅を通過する光景は開業前に1度だけ見たことがありますが、ホームで通過を見るのは初めてです。なお、後続の区間快速は本来は18分発です。

07_07
高速で守谷駅に入線する68F。100km/h近い速度だったと思います。
新幹線同様、沿線からの奉迎は想定されていないため、全体的に速度が速く、区間快速並の所要時間で秋葉原に着きました。
列車番号は1002レです。1000番台は初めて見ました。おそらく最上位種別の特別快速のスジがベースなのでしょう。

07_08
秋葉原で折り返し、北千住に入線する68F。すでに撮影不能な明るさです。
前後の列車を考えると、折り返しは1分程度で行ったようです。

07_09
列車番号は8251レで、TISの画面によると、新快速のスジがベースのようです。

07_10
今回のスジをまとめてきました。守谷と秋葉原の折り返しはどちらもギリギリで、つくばでの折り返しは前述の通り無理です(汗)
ただ、15時34分、16時10分に守谷駅、16時59分に北千住駅にいたのは画像記録から明らかなので、時刻表を見ての通り、このスジを敢行したとしか説明がつきません。

©2019 TSUKUBA EXPRESS STYLE by 4号車の5号車寄り

Forgot your details?