2171総合基地から旅立つ

TXレポート

廃車になった71Fの2両について、9月4日以降、2171が行方不明になっていましたが、9月15日に2271が搬入された解体場所で2171を確認しました。9月5日夜、6日夜のいずれかで搬出されていた可能性が高いです。
今までの経緯は、脱線した71Fの現状(その1その2その3)をご確認ください。もう1両の2271は搬出を確認済みです(詳細)。

陸送前(7月20日)

ブルーシートから顔を出した最後の姿は、7月20日に撮影しました。クーラーが残っており、中に取り込むのではと思っていましたが、結果的には、特に撤去作業を見ないまま搬出されました。


台車に再び載せられるような状況では無かったのかもしれませんね。

陸送直前(8月31日)

総合基地での最後の姿は8月31日に撮影しています。この後、9月4日朝まではそのまま留置されていること、9月7日に姿を消していることを確認しています。私が出張で不在だった9月5日夜、6日夜のいずれかで搬出された可能性が高そうです。


2171の総合基地での最後の姿。

解体場所へ到着(9月15日)

9月15日、2271と同様に、千葉県内の解体業者の敷地で2171を確認しました。2271と直角に置かれています。
この場所で最期を迎えることになるでしょう。


2171の解体場所での姿。

タイトルとURLをコピーしました