脱線した71Fの現状(その6)

TXレポート

脱線して2両が廃車となった71Fですが、2371が部品取りや銘板の撤去を受け、予断を許さない状況となりました。前回のレポートはこちらです。

3月7日の状況

1月上旬に保守基地へ移動して以降、4両で留置されていた71Fですが、2月下旬に2371が庫内に取り込まれました。3月1日に保守基地へ戻っている姿が確認されましたが、銘板などが撤去されました。3月7日の様子をまとめます。


銘板は破損する確率が極めて低く、盗難対策なら4両とも撤去となるはずで、書類上の意味を表している可能性があります。また、部品についても不足品を取ったというよりは、取れる部品を全て取るような形となっています。
頻度を上げて観察を続ける必要がありそうです。

タイトルとURLをコピーしました