TX-3000系

TX-3000系とは?

2012年度まで新製されたTX-2000系をベースに、フルSiCの主変換装置やSynaptraの採用など、搭載機器に大幅な変更がある一方、台車や主回路機器など、TX-2000系と同一品を搭載している箇所もあります。TX-2000系と同様に4M2Tの6両編成で、主変換装置や補助電源装置など、主要機器の搭載位置は変わりません。
秋葉原~つくば間の全区間で活躍する交直流両用車で、2019年度に5本が日立製作所笠戸事業所で新製され、2020年3月14日から営業を始めました。変電所の増強や留置線3本の増設を含めて100億円の投資となります。
従来編成中2か所だった車椅子スペースが、フリースペースと共に全車へ設定されており、乗車定員が変更されています。全車両がロングシートで編成での乗車定員は884名となっています。

編成表

←つくば  首都圏新都市鉄道TX-3000系  秋葉原→
1号車 2号車 3号車 予定 予定 4号車 5号車 6号車

TX-3180 TX-3280 TX-3380
TX-0000
TX-0000
TX-3480 TX-3580 TX-3680
CT1 M1 M2 T T’ M1′ M2′ CT2
座席形態 ロング ロング ロング ロング ロング ロング
標記重量 30.7t 37.9t 34.3t 37.6t 34.8t 31.7t
空車重量 30.4t 38.0t 34.7t 37.7t 35.2t 31.5t
乗車定員 140 151 151 151 151 140
着席定員 45 51 51 51 51 45
主要機器 CP・BT CI CI・SIV CI CI・SIV CP・BT
備考 車イス 車イス 車イス
弱冷房車
車イス 車イス 車イス 製造工場 越谷到着日 特記
[81]3681F 3181 3281 3381 3481 3581 3681 日立製作所 2019年09月23日 (*1)
[82]3682F 3182 3282 3382 3482 3582 3682 日立製作所 2019年12月16日 (*1)
[83]3683F 3183 3283 3383 3483 3583 3683 日立製作所 2020年01月27日
[84]3684F 3184 3284 3384 3484 3584 3684 日立製作所 2020年01月27日
[85]3685F 3185 3285 3385 3485 3585 3685 日立製作所 2020年03月09日

特記

(*1) – 車番、号車標記の位置が低かった編成。(営業前に修正)。

車体

従来車と同様にアルミダブルスキンの日立A-Trainとなっており、前面デザインや外装が変更されています。特徴的な車体肩部のカラー帯の傾斜パターンは、両側面共に3号車~4号車間で変わるようになっています。

車内は42インチハーフ液晶が目立ちます。また甲種輸送のためのブレーキ関係の仮設が行われていました。

搭載機器

台車・主電動機

台車は川重製のKW167(M台車)、KW-168(T台車)で、TX-1000系、TX-2000系と同一形式、同一外観です。

主電動機は全閉式誘導電動機に変更されており、無負荷回転音も異なっていました。

主変換装置(CI)

2017年度に54F主変換装置の一部(2354の1群VVVFインバータパワーユニット部)で試行された製品と同じ外観のパワーユニットが、中間車全てに搭載されています。SiC素子の採用が公表済みで、フルSiCの主変換装置と思われます。

TX-2000系と同様に日立製です。

補助電源装置(SIV)

TX-2000系と同様に3号車、5号車に搭載されています。TX-2000系では東芝製でしたが、今回、全国的にも珍しい日立製となりました。国内ではJR東日本のEV-E801系以来の採用と思われます。

こちらもSiC素子の採用が公表されています。

モニタ装置

TX-1000系、TX-2000系では三菱TISでしたが、Ethernetの採用が公表済みで、現車は日立Synaptraとなりました。

両先頭車山側の床下の配電箱(SBB)に銘板があります。

保安装置

ここまで日立製の大躍進でしたが、ATC/ATO装置も三菱製から日立製に変更されています。驚きです。

両先頭車の山側に搭載されています。

主変圧器・リアクトル

TX-2000系と同一外観品(日立製)を搭載しています。

この辺はあまり量産されない装置でしょうね。

電動空気圧縮機・空調装置

クノールブレムゼ製オイルフリー電動空気圧縮機を両先頭車海側に搭載しています。TXではTX-2000系増備編成から搭載されました。
空調装置は従来車と同一外観です。

空調装置は三菱製です。

列車無線装置

TX-1000系、TX-2000系と同様に秋葉原方先頭車に搭載されています。

引き続き日立製です。

パンタ

従来車と同一外観、同一配置で、2号車、4号車に搭載されています。

東洋電機製です。

戸閉装置

TX-1000系、TX-2000系では空気式(東洋電機製)でしたが電気式に変更されました。

主要諸元

太字はTX-2000系と変更されている諸元です。

走行可能設備 電気方式:直流1500V架空電車線方式 交流20000V(50Hz)架空電車線方式 軌間:1067mm
車両性能 加速度:0.83m/s2(3.0km/h/2) 最高運転速度:130km/h
常用減速度:1.17m/s2(4.2km/h/2) 非常減速度:1.22m/s2(4.4km/h/s)
主電動機 HS32532-09RB型全閉外扇形三相かご形誘導電動機 1時間定格:190kW 1100V 2310rpm 4台/両 日立製
台車 軸梁式ボルスタレス空気ばね台車(ヨーダンパ付き) 動力台車:KW167 付随台車:KW168 川重製
動力台車ブレーキ方式:ユニット式踏面片押しブレーキ方式
付随台車ブレーキ方式:1軸2ディスク+ユニット式踏面片押しブレーキ方式
制御装置 PWMコンバータ+VVVFインバータ制御装置 2レベルPWM制御 1C2M制御2群/両
応荷重装置と回生制動機能付き 日立製
CII-HR2420P形またはCII-HR2420Q形 SiC素子適用
駆動装置 中実軸平行カルダンTD(たわみ板)継手式  歯数比:98/15=6.53
ブレーキ装置 ATC装置連動電気指令式電空併用ブレーキ(回生ブレーキあり)
応荷重装置・電空演算装置・遅れ込め制御装置・滑走防止制御付き 保安・耐雪ブレーキ機能装備
集電装置 シングルアーム式 空気式カギ外し装置付き バネ上昇・空気下降式 東洋電機製 Synaptraによる個別制御
補助電源装置 ダイレクトPWMインバータ装置(SIV) 200kVA 出力:3相AC440V 延長給電装置付き 日立製
整流装置:DC100V 20kVA 蓄電池:DC100V 100hA
電動空気圧縮機 VV180-T形オイルフリー式圧縮機 1300リットル/分
空調設備 送風装置:両軸式横流ファン(常務員室は片軸式横流ファン)
冷房装置:屋根上集中型ユニットクーラ 48.8kW 5段階制御 全自動空調制御方式(除湿機能あり)
暖房装置:低圧シーズ線腰掛吊下げ型 1000Wおよび750W (乗務員室は遠赤外線ヒータ&電子ファンヒータ)
放送装置 車内放送:各車AVC付分散増幅式(自動放送機能付き)
車外放送:クーラー内蔵型スピーカー(自動放送機能付き)
保安装置 ATC:車内信号(2現示)による高周波連続誘導式 緩和ブレーキ・前方予告・臨時速度制御機能付き
ATO:車上制御方式 定速運転機能付き TASC(定位置停止装置)互換
タイトルとURLをコピーしました