68F御召し仕様に!

TXレポート

車庫公開以降、運用を確認できなかった68Fですが、本日、整備をされた状態で御召し試運転に就いていました。11月12日まで1週間を切り、いよいよ本務編成での試運転が始まったようです。
連日の御召し試運転のほうにも写真を載せてありますが、車庫公開時には汚損していた床下機器がピカピカに整備されており、本番直前の雰囲気が出ています。今後、12日以降まで一般運用に復帰することは無いでしょう。

07_01
御召し運転の場合、乗車車両の窓ガラスが防弾ガラスに換装されるのが普通ですが、案の定、1両だけ窓ガラスの反射が違う車両がありました。
見ての通り、ガラス下部の「フリーストップ式カーテン説明シール」が無くなっており、窓ガラス自体を交換したようです。確認した限り、大窓6枚中4枚が交換されていましたが、ドアのガラスなども交換されている可能性が高いです。
※当日まで車番は伏せていました。

07_02
車内は天井付近の横方向の広告と、釣り広告の半分くらいが撤去された以外、目立った変更点はありません。おそらく電子機材の積み込みと一緒に、再整備されるのだろうと思います。

07_03
防弾ガラス化された大窓4枚のうち、車両中央の2枚は、更に飛散防止シールが貼られていました。透明シールと透明テープが見えると思います。

タイトルとURLをコピーしました