2271総合基地から旅立つ

TXレポート

車止めへの衝突により廃車となった71Fのつくば方2両ですが、9月7日夜、2号車の2271がTX総合基地から搬出され、千葉県内の解体業者へ陸送されました。
今までの経緯は、脱線した71Fの現状(その1その2その3)をご確認ください。

陸送数日前(9月2日)

2271は部品取りによる基地内移動を繰り返していましたが、カバーが掛けられる前の最後の姿は、9月2日に撮影しました。9月4日朝までこの状態を確認しています。

既に床下機器、ドアが無く、吹きさらしの状況でした。車内の戸閉装置、座席も撤去されていますが、その他の内装はそのままでした。

陸送前日(9月7日)

9月7日朝にはカバーをかけられ、トレーラーに乗せられた姿を確認しました。気吹線からトレーラー上に移すクレーン作業は9月4~6日の間に行われたようです。この間に内装に変化があったのかは不明ですが、作業量からするとそのまま搬出されたのではないかと思います。

廃車を免れた4両と並んで搬出の夜を迎えました。

陸送(9月7日~8日未明)

9月7日夜、2271の廃車体はTX総合基地を出発し、8日未明にかけて解体場所へ向かいました。


出発直前の2271。穏やかな夜でした。

解体場所へ到着(9月8日)

8日午前、千葉県内の解体業者の敷地で2271を確認しました。同車は屋根上機器に特徴があり、解体場でも目立っていました。
この場所で最期を迎えることになりそうです。

タイトルとURLをコピーしました