脱線した71Fの現状(その4)

TXレポート

千葉県内の解体業者へ移動した2171、2271について、9月15日、21日に状況を確認しました。この間で、車体のほうは解体されました。前回レポート2271の搬出2171の搬出もご参考にどうぞ。

9月15日

2171のほうは2171総合基地から旅立つの通りですが、2271にも動きがあり、車体肩部が変色していることが確認できました。作業の音からすると、内装品をバーナーで切断する際に変色したのではないかと思います。


なかなか距離的に週末しか行けない場所ですので、1週間近く観察が空くことになります。

9月21日

この日、2171、2271が姿を消しました。西武10000系も含めて解体が一気に進んでおり、位置的に最初にTX2両が解体されたことが窺えました。解体くずは西武10000系のものを表面にして高く積み上げられており、TXは残っていたとしても一番底のはずで、確認できた部品はありませんでした。


2171、2271については、これでレポートを終えたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました