TXの車両

TXで使われる車両

TXでは、送電方式として直流と交流が両方採用されており、その関係で交直両用のTX-2000系、TX-3000系と、守谷以南専用の直流車であるTX-1000系があります。
開業時から活躍するTX-1000系、TX-2000系の外観はほぼ同じですが、TX-1000系は基調色がネイビーブルー、TX-2000系はスカーレットとなっているため見分けが付きます。TX-2000系は2008年度に4本、2012年度に3本が増備されています。TX-3000系は2019年度に新製された新形式で、前面形状などが変更されています。詳細はTX-3000系をご参照ください。
車両の動きや変遷について、些細なものは左の編成別の紹介に、大きなものは車両の動きに掲載しました。

各グループの編成数・製造年

形式 編成 電源 製造年
TX-1000系(開業時新製車) 01F~14F 直流専用 2003~2005年
TX-2000系(開業時新製車) 51F~66F 交直両用 2003~2004年
TX-2000系(増備車) 67F~70F 交直両用 2008年
TX-2000系(二次増備車) 71F~73F 交直両用 2012年
TX-3000系 81F~85F 交直両用 2019~2020年

詳細な差異は形式ごとの詳細ページをご確認ください。71Fは事故のため2両が廃車、4両が保留車となっています。

タイトルとURLをコピーしました